ドノロンパンのたぶん更新しない日記

説明なんか無い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SSとこれからの展開。

どんなゲームでもそうだが。

一般的な戦略というのは流行に左右される。

例え、ある想定上、非常に強い戦略を考えたとしてもそれが流行にそぐわない限り消えてゆく定めである。
そういう意味で今後の流行を考える。
例えば、機雷除去が隆盛していればどうしても斥候戦術などは淘汰されるのである。
たとえ、1艦隊は機雷に非常に弱くても残りの9艦隊に有効でなければ話にならない。

新しく選択しうる艦隊戦術の例(あくまで筆者予想)

・外周戦術
抜けが船首に100㌫入ることから、周遊能力に優れた船舶を利用し一方的に流れを狙う艦隊。
もしくは白兵回数を極力抑え戦場を極端に広くとる艦隊を指す。
取りうる方法としては、耐久削りにクリティカルを利用する艦隊戦術。
今までもこういう艦隊はあったが、流れクリを何度も叩き込むのに時間がかかるので一発ゲーである抜けクリ戦術には余り通用しなかった。
というより、戦果が安定しなかった。
しかし、回避1.2による恩恵で生存率が高くなった現状では、取りうる選択肢の一つである。

SSはごく一般的な回避1 回避2 先制 クリティカル 砲術4 あたりでいいだろう
OPは機雷除去ではなく対砲撃や連携強化、極端な例としては重量砲撃など。
船は1等5隻でも可能。極端にやるなら1等2装甲・アイアンなど3

・白兵押し水切れ狙い
おそらく、まともにやる艦隊は出ないと思われるが。
周遊戦術に対する回答として。
安宅による消耗戦を狙う戦術が予想される。回避力が上がった対砲撃装甲安宅はクリティカルの1度や2度では落ちづらい為、積極的に艦隊挙動に組み込むとで時間をかければ水切れにより勝利することが出来る。
さらに先制攻撃を艦隊単位で採用することで、様々な状況に対応する。
特に、網無し連携などを採用している艦隊には優位に立てる。

SS選択肢としてはあたけが常時水切れ状態なので。
一等3隻 外科支援2 修理支援2 回避1 回避2 先制 OP対砲撃2 OP焼き討ち1
あたけ2隻 白兵1 白兵2 先制 回避1 回避2 OP対砲撃
こんな感じだろうか。


艦隊挙動としては。
旗狙い戦術というのが非常に有効ではないかと思われる。
旗の両サイドを終始守りきるのは至難の業であり、連携のとれない野良艦隊は非常に勝ちにくい環境である。
回避連弾に対するキャノンの一発抜きも難しくなっていることから、優秀な状況判断能力のある旗艦と高度な艦隊連携が必須でるように思う。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。