ドノロンパンのたぶん更新しない日記

説明なんか無い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NCCS雑感

さてこんばんわドノロンパンです。

商会対抗模擬大会NCCSに参加していただいた方本当にありがとうございました。

結果は目田民王党の優勝という形で終わりましたが、参加して楽しんでいただけたならば幸いです。

なお、三位決定戦に関しては事前に用意したパンフレット、掲示板に記載がなく、準決勝の次が決勝になっていました。
チャットでの告知しかなく、落ち度は運営側にあったと判断できます。

参加者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びしたいと思います。

大変申し訳ありませんでした。



さて、FS導入後の初めての大会ですが。
私は仕込みとガレーの戦いになるんじゃないかなと予想していました。
仕様を素直に受け取ると仕込み爆弾が強力なOPスキルであることは間違いがなく、OP仕込みは成功率56%、敵船の弾薬数の約25%を消失させることから。100 75 56 42 31 23 と瞬く間に弾薬が消失します。

そうなるとアンチ仕込み爆弾は先制攻撃ガレー白兵艦隊になります。
仕込みポンプのメインの駒である戦列艦は白兵圧迫に弱く300人程度の人数を殺害すればフルファイア不可になり12パーセントも攻撃力が低下します。戦列に乗っている以上ワンターン30人前後の消失は免れないため、結果的にガレー>仕込み戦列になります。
焼き討ちをつけるとさらに攻撃力を増しますが、FSの関係上耐久リスクがあり単純に回復上限人数を削った場合のほうが比較的安全に勝負を決めることが出来ます。

ガレーは耐久は申し分ないものの装甲値にやや難があり、砲撃戦には向きません。

大雑把に言えば、装甲=>ガレー>仕込み戦列>装甲という図式が成り立ちます。

本大会三位のトラファルガーはガレー白兵を主体とし、本大会2位4位のプリン商会とポテポテ海賊団の艦隊は仕込み爆弾を主体としていました。

そういう苦手、メタがはっきりしている艦隊戦の中において、準決勝のトラファルガー・プリン商会戦、ポテポテ海賊団・目田民王党戦、同じく、決勝の目田民王党・プリン商会戦はお互いのメタを一瞬の隙を突いて逆転している素晴らしい試合でした。

昔ながらの砲撃戦を続けるためには、仕込みをどうするか、ガレーをどうするかと向き合わなければなりません。
E鯖では禁止になっているそうですが、Nもそれにならうかもしれませんし、あるいはKOEIがなにかしらしてくるかもしれません。
ただ今回の大会で言えることは、お互いのメタを逆転するくらいには砲撃戦はまだ死んでなかったと、じゃないかなあと思います。

優勝した目田民王党艦隊はスタンダードな砲撃戦艦隊であり、仕様上不利な状況の中見事に優勝を勝ち取りました。

簡単に言えば、自民はかっこいい!以上!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。