ドノロンパンのたぶん更新しない日記

説明なんか無い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

抜けクリ講座

さてこんばんわドノロンパンです。

模擬とはすなわち抜けクリであり、つまるところ抜けクリから始まり、抜けクリに終わるわけです。
現在の模擬は抜けクリを決めるにはどうすればいいのか?というところから始まっていろいろとめんどくさい事情があるりますが、つまるところ。

戦術の要!

私も出来ませんでした、抜けクリ!!
しかーし、砲術家をやるなら当然のスキルとして、また、INファイターやるにしてもできるに越したことはないスキルであり。
初級者と中級車を分けるひとつの指針でもあります。

抜けクリが出来れば、なんにしても中級者の仲間入りですね。

さて、私も抜けは苦手でした。
しかし、タイミングは同じであり、習得できるスキルでもあります。

んではひとつづつ。

1.即抜けは白兵開始の文字が消えてから二拍。
白兵はいって即先抜ける、俗に言う即抜けは一番狙いやすい抜けクリです。
なぜなら白兵開始という文字が目安になるからです、これが消えてから一定時間後に撤退が出るので、当てやすい。
わかりやすいのでぜひ習得しましょう。

2.二ターン目からは大砲の装填で計る。
二ターン目からは一ターン目で撃った大砲の装填で計ります、カロなら装填完了して二拍、キャノなら速射いれて一泊ですね。
ちなみに、タイミングがピッタシだとキャノは連打するだけで速射いれずに毎ターン狙えます。

3.船員減少の数字で計る
これは船員が減るので、減った船員の数字が消えたあと二泊後に撤退判定、なのでそれを目安にする。しかし、これは修理やら外科やらが入ると表示が消えてしまうのでお勧めは出来ません、
表示が消えない少人数制ならいいかもしれません。

4.タイミングを数えてしまう。
むしろもう数えてしまう方法、大砲の装填で計れないときなど、不意の抜けクリに対応するには数えるのが一番です、
いちにさんしごろくななどーん、私はだいたい8拍目に撃ちます。が、これは個人差があるので皆さん自力で習得してください。

5.もう数えるのがめんどくさいので感覚を覚える
今、わたしはこれですね。数えるのがだるくなってきてなんとなく覚えてしまいました。
今は、まったく数えておりません。
ですが、テキトーに撃ってるわけでもありません。
このタイミングで白兵終わるなとだいたい覚えました。

6.エンターは0.2秒前がベスト
抜けタイミングぴったりのエンターだとジャストで出ないときがあります、0.2秒前にエンターを押すとマーキング赤くなる→撤退成功→撃てーとなりますのでちょうどいいカと思います。

7.後抜けは当たらない
後はあたりません、昔はともかく今はまず当たらない、2割をきると思います。
なのでパス出すときはさき抜け推奨、後ろに見方がついているのに後で抜けるのはせっかくのチャンスをふいにしてしまう行為です。
なので、逆に考えると自分が後ろにつかれて抜けるときは、後抜けがベター。

8.素撤退はコーバスで防ぐ。
コーバスは素撤退防止効果があります、大型コーバスであればかなりの確立で素撤退を阻止します。
先ほどの話と前後しますが、切り込み防止網がついている場合コーバス無しだと8割の確立で素撤退が成功します。つまり、必ずさきぬけになるということですね。
これは命にかかわる大事な要素です、腕のいい砲術家を相手にすると、1ターン維持できるか、さきぬけされるだけで死ぬか生きるかが変わります。
なので、切り込み防止網がついている相手と戦う場合、コーバス必須です。
初級者のころは大スパンカー、船尾楼を好む人が多いとは思いますが、実際のところ大型でこれらを使う機会はメリットはほとんどありません。

こんな感じかな、私個人の経験論ですが何かの役に立てて下さい。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。