ドノロンパンのたぶん更新しない日記

説明なんか無い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

模擬をつらつら

こんばんわ、ドノロンパンです。
今日はどうでもいいことをつらつらと。

OUTとINはそもそも役割が違うのですが。

場所が底模擬と限定すると回避非優遇と優遇にそれほど違いはありません。
貫通非優遇でどんどん撃沈狙えるし、また回避非優遇4なんて艦隊ができることも多々あります。
なので、底模擬に限定すると一概に役割はこれだというものは無いです。

さて、前置きはここまでで、これから模擬を始める方は自分が何をしたいか何になりたいかを考えるのではないでしょうか。
華麗に敵を撃ち抜くスナイパーや艦隊の要である旗艦、地味ながらも艦隊を支える2番3番艦など・・

わたしは、ずーっとINをやってたのでINのことしかよくわかりませんがw
なのでINファイターとしての上達はどういうことなのかなあと、つらつらと考えました。
んで、ぼーっっと考えたところ最初は敵と見方にガンガン絡んでいくのが上達の秘訣だと思います。
以下、解説図。

青が敵艦、赤が見方、そして黒が自分だと仮定してみました。
ず1


ず2

ず3


ず4

ず5

ず6

もちろん正解はありません、正解や間違いはありません。
こうしろというわけではないです。

上記の図、私がでダメだと書いた方向に行くことで勝てるかもしれません。
ですが、もし、自分の沈が怖くて敵に狙われない方向(タゲられ無い、撃たれない)に舵を切っていたら、その分敵は他の見方を狙えっているわけです、また、回避もなかなか上手くならないと思います。


なので、自分がドンドン敵と絡んでいくことで見方の負担を減らし、さらには自分も回避の腕が上がると一石二鳥作戦で行きましょう。

とくにフォローなどやる必要が無い場合にINが考えるのは積極的に敵と絡んでいくことですね、そうすることによって戦端が開かれるようになります。

よくINは白兵でパスと言われがちですが、INファイターには敵にタゲられる、敵に意識させるという大きな仕事があるんじゃ無いかなあと思います。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。